弁理士田中の知財記

by 田中智雄

特許

発明は個性的なのに特許明細書は没個性的

先日、稚拙な特許翻訳が送られてきた. 日本特許庁に国内移行したあとに提出する翻訳文である. 最近は現地代理人が日本語の翻訳文を用意することが多く、今回も送られてきた翻訳文を提出すれば足りるはずだった. 提出するだけとは言え翻訳の抜けがないかくら…

ロシアからの特許料支払いがストップ

ロシアから非友好国の特許権者への支払いをストップすることをロシア政府が決めた. ロシアからドル送金が出来ないのだから、この法令が出ても大勢に影響はない. それにロシア企業との間のライセンス契約にも、不可抗力条項があるはず. www.euractiv.com 契約…

特許原簿も万能ではない

裁判所や税関、警告書を作成するときにも必要な大事な書類が特許原簿. 特許料を納付すれば、それが特許原簿にも反映されるはずなのですが、 特許原簿に反映されない状態が約一年続いています. 事情を知っている当事者はよいのですが、何も知らない第三者は困…

凄い発明だから特許になるのではない

特許になった発明に対してどのようなイメージを持っていますか? 凄いから 素晴らしいから 画期的だから 学術的技術的に価値があるから特許になると思いたいところです. 実際はどうかというと、 拒絶する理由がないから特許になる、 これが答えです. 審査官…

迷惑駐車と特許権侵害の違い

横浜地裁の敷地内に放置されたクルマの処分が話題になっています。 kuruma-news.jp 私有地にクルマを放置することは他人の財産の侵害に過ぎないから警察は動けない. 特許権や商標権の侵害も他人の財産権の侵害に過ぎない、にも関わらず、こちらは警察が動い…

完成品と部品の価格逆転

部品を積算して完成品の大凡の価格が決まるのだから、 完成品より部品の価格が高いということなどありえないはず. 先日、クルマの買取査定を頼んだら、 10万円という査定額を提示してきたところがありました. それが30年前のクルマと聞けば、そんなの当…